Skip to content

ノベルティ商品で選ぶ記念品の数々

企業が節目の年に記念品を配るときにもノベルティ商品から選ぶと、特別な記念日をみんなで祝うことができます。

名入れで記念品用に作成する商品で最も代表的なものがタオルです。タオルは最も実用的な商品のひとつで、もらって困ることは一切ありません。厚手の素材を利用すれば高級感も増して、名入れするだけで特別な要素を増やすことができます。タオルのほかにハンカチや手ぬぐいなども、使うと便利で名入れにも適しています。外装にひと手間加えると高級感ある贈物として十分な記念品となります。

創立記念日などで得意先などに配布する商品は、できるだけ高級なものを選びたいものです。数量が増えるとわずかな金額でも経費は増えていきます。ノベルティ商品は大量発注により価格が変動する商品が多く、数量が多ければ名入れの料金も低く抑えられます。タオルやハンカチは記念品のほかにも日常の販促にも利用できますし、タオルは何枚あっても便利なので、年末のあいさつなどの時に持参することもできます。

菱目を表す記念に配る粗品には、和風か洋風で雰囲気も変わります。伝統的な雰囲気を表現するのであれば和風ですが、世代も変わって若い人が中心になれば好みもまた異なってきます。会社の気持ちと時代に合わせた商品選びがノベルティを記念品としてうまく利用できるポイントになります。タオルや手ぬぐいだけでなく、記念品として利用できる商品は数多くあるので、会社の個性を表現するユニークなものも送って喜ばれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *