Skip to content

ギフトについて考える事

日本人は特に、昔からコミュニケーションの道具として「ギフト」を用いる習慣がありました。

5月の母の日、6月の父の日ギフトも終わり、このシーズンになりますと、やはりお中元ギフトですね。社交辞令で仕方なく、という人も多いと思いますが、これ一つで冷え込んでいた人間関係がグッと良くなることもありますから、せっかく贈るならしっかりと選びたいものです。人気なものを調べてみると、金券、ギフト券が上位にランクインします。実用的という点では良いかもしれませんが、ちょっといまいち気持ちが伝わらない気がします。

やはり夏ですからビールやお酒、またスイーツ、フルーツなどが定番のようです。ただ相手があまり好まないものを贈っても、自己満足だけで喜ばれるはずがありませんから、大原則として、相手が受け取って嬉しいもの、ということになる思います。ちなみに私だったら肉、コーヒーをもらうととても嬉しいです。いつもお世話になっているお客さんの好みをさりげなく把握しておくのは今のうちかもしれません。

値段もあまり高いものとなると受け取った相手が負担に感じてしまうかもしれないので、その点でも配慮できるとより良いのではないかと思います。とかく人間というものは自分のことばかり優先して考えてしまいがちですから、ちょっとしたことで人間関係のトラブルが生じやすいものです。そんな世の中だからこそ、「ギフト」を通じて相手を思いやる心を育みたいものです。
ノベルティのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *