Skip to content

ノベルティには名入れデザインも重要です

販売促進で利用可能なノベルティグッズの場合、単に商品を購入することだけではなく、名入れをすることが原則です。

完全に無償で景品として配るような際には必要に感じることがありませんが、企業などが活用する際には宣伝効果を期待するものなので、必須要件になります。名入れについては、各ノベルティグッズの専門店にて対応をしているのですが、実際には専門店によってデザイン性や取り回しが異なります。企業側で既に完成した名入れのデザインをグラフィックソフトで作っている場合は、そのデータを専門店側に送信することで、その通りの名入れを行ってもらうことが可能です。

簡単に文字だけで済ませるような際には、名入れする文字を指定することで簡単に済ませられますが、デザイン性を優先させて完成度の高いノベルティグッズに仕上げるには、自社でグラフィックソフトを駆使しても上手く作成できないという場合もあることです。このようなケースでは、デザイン作成も引き受けているノベルティグッズの専門店を利用することが必要です。

デザイン部門を有している専門店の場合、企業側が大体のデザインを手書きなどで書き込んだものを送信することで、専門店側でデザインを施してくれるという内容です。この方法でも事前に確認することができることや、完成度の高い素晴らしいデザインで名入れを行うことができるので、多大なるメリットを感じることができます。名入れはかなり重要になり、入れる場所にもこだわることで、ノベルティグッズの効果を引き出すことに成功します。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *